身近な風景



会社のブロック塀に這ったツル性の植物が、とてもキレイなグラデーションだったので、写メってみました。

会社の人に見せたら誰も気づいてなかったみたいで、場所を教えると、みんなで見に行ってワイワイ…

結論

私の見ている目線は子供の頃のまま←

…だそうです(^_^;)

『子供の頃だったら、こーゆーのを見て面白いな~とか不思議だな~とか感じてたけど、大人になったら何も感じなくなったのか気づかない』

のだとか。



いやいや、もしも本当に違うなら、違いはカメラのせいですよ。

写真のネタは、道端にだって転がっていたりして、これがなかなか面白かったりするので…



大人になって、空の青さや高さ、草木の変化に無頓着になっているのは、ちょっと寂しい気がします。

だって、せっかく四季がある日本に住んでいるんですもの。

壮大な景色ばかりが四季ではありません。

いつもの場所にも四季折々の風景がちゃんと有る事に気づかないのはもったいない。



息が白くなる季節になりました。

私の職場も忙しくなって来て、いよいよ繁忙期に突入です。

乾燥には気をつけて、風邪などひかぬ様に1ヵ月頑張ります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

感性が豊かですね。心も充実しているのでしょうね。

Re: タイトルなし

> 詩土井・真亜奈様

充実しているかどうかは自分では分かりませんが、これ以上無いというほどどん底に居た時も、草木や花や空から力をいただいて、心を立て直し来ましたからね。

私にとって、こういう身近な草花はとても大事で、弱った時ほど探して眺めている様に思います。

野生の本能かも…w
プロフィール

nuco

Author:nuco
長崎県生まれ/千葉県住み

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR